「銀行カードローン難民」続出?? 借りたくても借りられない...

これまで貸金業者にのみ適用されていた「総量規制」を、自主ルールとして導入する銀行が増えているというニュースが話題に。

総量規制とは、貸金業者が個人にお金を融資する際、その人の年収の3分の1を超えて融資してはならないという規制のこと(2010年6月施行)。借りる側に立つと、例えば、年収300万円の人であれば、貸金業者から合計100万円を超えるお金は借りられない。貸金業者とは、具体的には消費者金融会社やクレジットカード会社のことで、消費者金融A社からすでに80万円を借りている場合、クレジットカードB社から借りられる限度額は20万円となる。

このニュースを受けてネットでは、

「こういう記事の最後に、本当に生活苦からの借金なら社会福祉協議会の少額融資などのセーフティネットを紹介するなり、ギャンブル依存の治療も案内できれば良いと思うんだけどね…金貸しの肩を持つつもりはないけれど、金も、知恵も身近に頼る人がいない弱者がいて、そういう弱者を食い物にする商売があって、いたちごっこなんだよ。」

「総量規制逃れで銀行カードローンがあって、ソフトヤミ金やクレカ現金化、首回らない人をそのまま労働で酷使できるタコ部屋労働、ブラック企業…負の連鎖を断ち切れるかどうかは、政策よりも、その弱者に知恵を与えられるかどうかだと思うんだよな」

「借金してギャンブルに使う人の借金を止めるのには借りられなくするのは効果あるけど、借りないと生活出来ない人はどうするのか?借金しながら


首の皮一枚で何とかやり繰りしている人は借金止められたら生活保護にまっしぐらだろうな。」

「自主規制じゃなくてちゃんと法制化すべき。注目浴びなくなったらまた審査緩めるの目に見えてる。」

「これ、難しい問題なんだよな。実体験として会社の売り上げがなくて、報酬がなくて生活できなくなり、クレカのカードローンで何ヶ月か切り抜けた。最悪は車を売れば返済出来る見込みあっての事だったけどね。」

「ヤミ金利用者を増やすだけだと思う。」

「カードローンに手を出す連中は、スマホの割賦審査通らなくてショップ店員に怒鳴り散らしてるような層やろ?」

「一部の人が破産して返済不能になっても、ほかの利用者の利息で取り返せる構造になってるんだろうなぁ。借金が癖になってしまうと怖い」

「借りたい人が借りてるんだからいいんじゃない 返せない可能性も踏まえて銀行も保証会社も可決してるわけだし」

「貨幣経済なのに使える金がないってのが問題だな」

「「銀行カードローン難民」というが、銀行のカードローンは金利が高い。 そんな高金利でお金を借りなければいけない人は本当に支払えるのだろうか? 仕事して収入の範囲内でやりくりする。 当たり前の話である。。。日本政府もそうだが、赤字国債を出せない法律に改正すれば、税収の範囲内で予算が組まれるようになり、無駄なものや緊急性のないものは全部カットされることになる。」

など、多くのコメントが書き込まれている。

この記事へのコメント