【速報】NHK受信料 野田総務相 19年度値下げ「検討を」

野田聖子総務相は9日午前の閣議後会見で、NHKの受信料について「毎年、次の年に向かって(引き下げの)可能性を探っていただきたい」と述べ、2019年度に向けて引き下げの検討を求めた。NHKはすでに18~20年度の3年間は受信料を据え置く姿勢を示している。


このニュースを受けてネットでは、

「もう受信料で賄う時代は終わった、努力して広告収入で頑張って下さい。」

「確かNHKって会社の金で愛人のマンションを買える会社っすよね?いい会社だなぁ。。」

「たか~い人件費 すばらしすぎる福利厚生 高値で随意契約する子会社への発注 湯水のように使う番組制作費 低所得者からも、がっちり徴収 放送事業以外での事業展開 全部見直せ! そしたら半額くらいにはなるでしょ。」

「値下げじゃなくて、見たい人にだけ受信できるようにするべきじゃないですか?それが民主主義でしょう。」

「公共性がないのに公共放送」

「そもそも見るか見ないかの選択が無い事がおかしいってのが分かってない ネットの動画サイトなんかみてても分かるけど魅力的なコンテンツが多かったらちゃんと支払って見る人は増えていくんだからそういう営業努力をすべきだ」

「民方と比べ番組制作に湯水のように金を垂れ流している。コスト、視聴者のためという意識が低い。不要なバラエティーも多い。この局はニュース、天気予報しか見てません。大幅な値下げは当然と思えます。」

「NHKはくだらない番組制作に予算をいくらかけて、制作会社はどこか公表しているのだろうか。いまさらNHKに広告など無理だろうから、まずは給与製作費を大幅に見直して、運営資金は税金。国営放送としてリニュアルが一番いいと思う。」

「受信料の値下げの問題では無い!金銭的問題でも無く、見ないNHKの為になぜ受信料を払わなくてはならないのか? 受信料を払っている方の平均給与より高い給料を受け取っているNHKの職員!NHK放送協会の予算組おかしく有りませんか? *国会議員さん、払いたくない・払わない方の意見をきちんと聞きましょう!簡単ですよ~B-CASカードへの移行をお願いします、全て解決!!」

「そろそろ国会で本気にスクランブル放送の検討をしてみてはいかがでしょうか?」

など、多くのコメントが書き込まれている。