日銀・黒田総裁、再任へ 政府が手腕評価にネットで非難殺到wwwwwww

政府は9日、4月8日に任期満了を迎える黒田東彦日銀総裁(73)を再任する方針を固めた。「異次元緩和」と呼ばれる大規模金融緩和で「デフレ脱却の道筋を作った」と政府は手腕を高く評価しており、現行路線の継続が望ましいと判断した。日銀総裁を2期連続で務めるのは、山際正道氏(在任1956~64年)以来で、戦後3人目となる。


このニュースを受けてネットでは、

「黒田の否定は政権の否定になるからね。今更戻れないんだろうな。日本の偉い人の悪い癖だ。ダメなものは身内であっても自分であっても切らないと。」

「黒田さん本音では辞めたいんじゃないかな。このままでは目標達成出来そうにないし金融緩和の出口もみえないから。」

「何も変わらない 結果がでなければ先送りするだけ マスコミには厳しく突っ込んでもらいたいものだ」

「この人辞めさせたらアベノミクスは失敗だったっていうようなもんだし辞めさせられないだろうな」

「瓦解に帰する迄やるつもりなのかな。中身のある事は何一つ出来ていないのにね。金バラ撒いて、マイナス金利、数字合わせだけなら誰でもできる。ツケは国民、全くふざけている。」

「どこが手腕じゃ。かつてこれほど政府の言いなりになった日銀総裁がいたか。日銀総裁たる者には矜持を持って貰いたい、が最早官僚共々矜持や信念など無くしたらしい。」

「政府に従属して中央銀行としての役割を果たせますか?」

「いつまでマイナス金利やってんのよ?このままじゃ何か起きても身動きとれないでしょ日銀さん」

「黒田は異次元の金融緩和の結果を最後まで見届ける義務がある。輪転機をガンガン回して刷った諭吉で国債、株の買い漁りした後始末する義務がある。安倍と黒田に楽隠居は無い。」

「そりゃ~、2年で達成すると言った物価上昇目標を6回も延期して5年経っても目処も立たず結果が全然出てなくても、自分等で選んだ人事だから政府は評価するとしか言わないだろうなぁ。どんな手腕だっつうの。」

など、多くのコメントが書き込まれている。